忍者ブログ

プロペシア錠

メルク「プロペシア(フィナステリド)」のブランド薬やジェネリック薬品の激安個人輸入代行購入





若ハゲはヘアサイクルを重ねるにつれて毛の太さや長さが減少すること

 男性型脱毛症の進行状況は、人によって違いはあるものの、日本人では前頭部からAの字型にハゲていくか、頭頂部からO型にハゲていくタイプが多い。これが白人になると、両脇からMの字型にハゲていくことが多いといわれている。

 いずれにせよ、前頭部から頭頂部にかけてハゲているのに、側頭部や後頭部はふさふさしているのが特徴である。毛の抜け方も、急に抜けるのではなく、徐々に毛の太さや長さが減少していく。なんとなく毛髪が頼りなくなっていくわけだが、この段階では、よく見るとうぶ毛が残っていることが多い。そのうち、うぶ毛も生えなくなり、毛の数そのものが減っていく。

 こうした毛髪の抜け落ちは加齢とともに進むため、その進行は円形脱毛症と違ってゆるやかで、格別な病理的な症状もみられない。そのため、この現象は男性型脱毛症といわず「男性型脱毛」とすべきだという人もいる。そこで以後、男性型脱毛と書くことにする。とはいえ、男性型脱毛は若年、人によっては20歳代で始まる人もいるわけで、いくら病気でないといわれても、あまり慰めにはなるまい。

 ひとくちに脱毛といっても、そのすべてが男性型脱毛とはかぎらない。シャンプーやブラッシングで多少の毛髪が抜けたからといって、心配するには及ばない。頭髪には常時、生える毛と抜ける毛があって、1日に50~60本ぐらい抜けるのは当たり前である。人間には、特有のヘアーサイクルというものがあるからである。

 ヘアーサイクルについて述べる前に、毛をつくる組織がどのような構造をしているかを知っておく必要があろう。

 まず、毛の根元の部分を毛包という。この毛包の数は胎児のときに決まっていて、10万~15万本とされる毛髪の数は、ひとたび生まれると、毛包の数以上増えることはない。

 毛包のかたちは、皮膚に埋まっているところも含めてタケノコか球根に似ていて、そのいちばん根元に毛母細胞と呼ばれる、一群の活発に分裂する細胞を持つふくらみの毛母がある。

 孟母というのは文字通り毛の母で、ここで分裂することによって作り出された細胞が上方、つまり皮膚の表面に向かって移勤し、そこで水分を失って角化したものが毛幹になる。

 毛母の隙間には黒っぽい色素細胞があって、これが毛幹にメラニンを供給する。毛根をサヤのように包んでいる内と外の2層の毛根鞘と呼ばれる組織のうち、内毛根鞘の細胞も、この毛母によってつくられる。

 ためしに毛包を皮膚から取り出して別な場所に移すと、移植された毛包からふたたび毛が伸び始める。このことが植毛ができる一つの原理であり、毛をつくるのに必要な細胞や情報は、すべて毛包に含まれているということになる。

 この毛母にかこまれた場所に、タマネギの先端を細長く仲はしたようなかたちをした毛乳頭がある。毛乳頭は、毛母細胞の増殖に大きな影響をあたえているだけでなく、毛包全体の指令センターの役割を果たしていると考えられている。毛乳頭の内部には毛細血管が発達しているが、毛乳頭ばかりでなく、毛包の周辺にも血管が張りめぐらされている。

 このほか、毛包の上部、毛穴に近い部分には皮脂腺とアポクリン腺が開口している。皮脂はつねに分泌しているので、長いあいだ洗髪をしないでいると空中のホコリなどが付着し、頭皮細胞が角化したあと死んでできるフケも加わって、汗などで湿度が高まると、雑菌の絶好の繁殖場になる。その結果、炎症を起こしたりすると、血行がさまたげられることになるので、ある程度のシャンプーインクは欠かせない。育毛剤が頭皮の清潔を一つの売り物にしているのも、うなずけないことではない。

 毛というのは永久に伸びつづけるわけではなく、ある周期をもって、成長期、退行期(または移行期)、休止期を繰り返している。この周期を、毛周期とかヘアーサイクルと呼んでいる。

 このヘアーサイクルは、動物では季節によって毛の生え替わりがみられるように、同調していることが多いが、人間の場合は、成長したり抜けたりのサイクルをそれぞれの毛が勝手に行っているのが特徴だ。

 成長期は、萎縮していた毛包が成長を開始することと、不活性化していた毛乳頭がふたたび活性化することから始まり、それによって消失していた毛母細胞がふたたびつくられ、毛幹や内毛根鞘が新たに伸び始める。

 成長期は、頭髪では三~にじ年程度といわれる。この成長期が終わる頃になると、毛包は休止期に入る準備を始める。これが退行期で、まず色素細胞が衰えてメラニンの合成をやめ、毛母細胞の分裂も衰え、毛乳頭も小さくなる。

 退行期に入ると、毛包の上部構造はそのままだが、下部は萎縮するにつれ皮膚表面に向かってどんどん引き寄せられていく。退行期は二大二週間といわれている。

 さらに休止期に入っても、毛はしばらく毛包に留まるものの、ひっぱられたりこすれたりすると抜け落ちる。

 そうした抜け毛の末端がコン棒状であれば正常で、末端がギザギザしていたり細長くなっているものは、まだ成長期にあるうちに抜けてしまった毛なので、円形脱毛症などの異常を疑ったほうがよい。

 3~6ヵ月つづくといわれる休止期が終わると、なんらかの刺激によって毛包が下方に下りてきて、ふたたび成長期に入る。このヘアーサイクルが、同調することなく繰り返されているため、人間には絶えず生える毛と抜ける毛があることになる。

 男性型脱毛、いわゆる若ハゲとは、このヘアーサイクルを重ねるにつれて、毛の太さや長さが減少していくことをいう。これは毛包が小さくなるためと、ヘアーサイクルの中での成長期が短くなるためである。

 こうした虚弱毛髪は、ヘアーサイクルを十分に消化しきれずに終わってしまったわけだから、後続の毛包も新しい元気な毛を準備していないことになり、そのため「定員不足」という外観を呈することになる。したがって、このような場合は、脱毛というより薄毛化といったほうが、より正しい。

 男性型脱毛を予知するには、自然に抜けた毛を白紙の上に集めて並べ、それぞれの長さや太さを比べてみるとよい。見るからに弱々しく、細くて短い毛が多ければ要注意である。さらに、虚弱毛髪が抜け毛の中に占める率が、日を追って増えるようであれば、「長期低落傾向」に入ったと考えなければならない。



PR





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- プロペシア錠 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング
-