忍者ブログ

プロペシア錠

メルク「プロペシア(フィナステリド)」のブランド薬やジェネリック薬品の激安個人輸入代行購入





髪の毛の一生・ヘアサイクル

毛髪は、俗に毛穴といわれる毛包の中で生まれます。毛包の中の毛母細胞が分裂し、組織を角化することで髪が作られていくのです。毛母細胞は次々と髪を作り続け、先に生まれた髪の毛は下からの圧力で上へ上へと押し上げられ、しばし、成長を止めた後、やがて寿命が尽きて抜け落ちます。

皮膚の表面から管状に伸びている毛包は、薄毛やハゲの人にも残っており、その数は正常な人と変わりありません。もし頭皮に毛包が残っていなければ、いくら高性能の薬を使っても、もはや発毛を期待するのは無理です。

髪型を整えるために、髪の毛を無理に引っ張ったり、過剰なヘアケアで毛穴にい有害な化学物質が入り込むと、栄養や酸素補給が妨げられて、髪を傷めたり、脱毛を引き起こすことになります。

毛包は成長期(アナゲン)、退行期(カタゲン)、休止期(テロゲン)という3つの状態を周期的にくり返します。これを毛周期(ヘアサイクル)といいます。

成長期には毛髪が成長します。この期間は普通、2~6年、長い場合は7年くらい続きます。毛根で栄養も酸素も十分受け取って、太い、長い毛が育ち、成長する時期です。正常な人なら、頭髪の90%は常に成長期の状態にあります。

でも、もしその人が、ひどい環境汚染にされされたり、栄養失調になったり、病気になったりすると、毛髪はそうした変化を敏感に感じ、成長期の時期が短縮されて、毛髪の寿命が短くなり、抜け毛を早めることになります。

最近の研究によると、たばこによって毛根へ流れる血液量が減り、同時に有害な化学物質が付着するために、毛の成長が止まり、抜け毛が増えるといわれています。

しかし、そのような特別の事態がなくても、成長期の毛包は、長くても7年ほど経つと、サイクルに従って、退行期に移行します。

この時期に入ると、毛髪の本体である毛母細胞の働きが低下し、髪の毛の成長が鈍くなります。毛包への血液の供給がストップし、毛包が萎縮し始め、皮膚の表面近くに移動し、毛穴全体が浅くなります。それにともなって指令塔の役割を持つ毛乳頭も上へ移動します。この退行期が2~3週間くらい続き、休止期に入ります。

休止期に入ると、毛の成長は止まります。それでもすぐに抜けはせず、とりあえず、髪の表面にあるキューティクルによって毛穴に止まっています。

しかしそれも寿命が尽き、やがて毛は自然に抜け落ちます。それが先発で洗い流されたり、枕についたりするのです。これを生理的脱毛といいます。休止期は、正常な人で3~4ヶ月続きます。

ただし、休止期の毛包は何もしないで、毛髪が抜け落ちるのを傍観しているのではありません。この時期に、毛根の部分に新しく形成される細胞が準備を始めているのです。

休止期が終了すると、毛乳頭から指令が飛んで、毛母細胞が再び増殖を始めます。新しい毛母細胞から、抜けた毛に変わる新しい毛髪が生まれてくるのです。

ここで、新しい毛母細胞はもとからある毛母細胞ではなく、皮脂腺近くに蓄えられた幹細胞が、代わりに分裂してできる、という説が、最近では有力になっています。

つまり、毛のもとになっている毛母細胞が、休止期に入ったり、何らかの理由で失われたとしても、幹細胞さえ残っていれば、新しい毛が生えてくる、というのです。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- プロペシア錠 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング
-