忍者ブログ

プロペシア錠

メルク「プロペシア(フィナステリド)」のブランド薬やジェネリック薬品の激安個人輸入代行購入

毛生え薬の注目株




次世代の発毛剤、育毛剤の候補

ミノキシジル、プロペシアがもたらした「育毛革命」は、確かにハゲの歴史を変えました。

しかし、課題はまだたくさん残されています。これらは、男性型脱毛症の、それも薄くなりはじめてまだ5年以内の、比較的年数の経っていないハゲにだけ有効なのです。ハゲ上がった頭や、65歳以上の人の失われた毛髪には、回復は期待できません。また、発毛する量についても、「もっと多く」「もっと長く」など、いろいろな希望が出てくることでしょう。

安心して使える女性用の発毛剤もほしいところです。

一生使い続けるとなると、薬の値段の問題もあります。

しかし、毛髪の科学の急速な進歩で、今後、有望な薬剤が、次々と誕生しそうな状況になっています。

これまでは、育毛剤、養毛剤の開発というと、実際に薬を頭につけて、何ヶ月も観察し、その間に、抜け毛や、新しく生えてきた毛を、一本一本数えていたそうです。しかし最近は、人間の髪の毛を培養できるようになり、研究室で、薬の作用で毛髪を成長さえたり、実験することもできるようになりました。

これまで、世の中には、出ては消えていった毛生え薬が無数にあります。もしかしたら、この中からもいずれ科学的に有効である、と証明される成分が見つかるかもしれません。

実際、発毛剤として役に立ちそうな物質がこのところ、次々と報告されています。

下記のお薬は、「副作用として毛髪が生えることが報告された医薬品」の例です。もちろんまだ、現状では発毛剤としては使えませんが、これをベースに、すばらしい効き目の製品が生まれる可能性は大いにあります。

【副作用として発毛が報告された医薬品】
「ダイアモックス(アセタゾラアミド)利尿剤、緑内障
「エポジン(エリスロポエチン)」貧血
「コートン(コルチゾン)」炎症、リュウマチ
「ジアゾキサイド」高血圧
「サンデミュン(サイクロスポリン)」移植時の拒絶反応
「レトロビル(ジドブシン)」エイズ
「ヘルベッサー(ジルチアゼム)」狭心症、高血圧
「硫酸ストレプトマイシン(ストレプトマイシン)」抗生物質
「アダラート(ニフェジピン)」狭心症、高血圧
「ピナシジル」高血圧


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR

ステロイド剤 / 毛生え薬の注目株

副腎皮質ホルモンのステロイドは、アトピーをはじめ皮膚炎全般に使われる薬です。炎症を抑え、やけど、ケロイドを治し、免疫力を抑制する作用があります。アレルギーあど自己免疫疾患(自分の免疫力を攻撃する病気)においては、ステロイドの免疫抑制作用によって症状が改善されるのです。

ステロイドがハゲ薬として注目されたのは、円形脱毛症の人に塗布したところ、毛が生えてきたという実績があるからです。その毛髪を調べてと、毛根のまわりにリンパ球(免疫力の主役)があり、どうもこれが毛根を攻撃している可能性がある。したがって、ステロイドの免疫抑制作用が、リンパ球の攻撃から毛包を守った結果、毛包はダメージを受けずに済み、発毛したのかもしれないと考えられています。免疫抑制作用の点からは、「サイクロスポリンA」も注目されています。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

サイプロテロン / 毛生え薬の注目株

女性の脱毛治療のために、サイプロテロンと、エチニール・エステラジオールをともに投与する療法があります。これはいずれも女性ホルモンと同じような性質を持つ化学物質です。女性ホルモンの働きが高まれば、ハゲの指令を出す男性ホルモンの活動を抑え(拮抗剤)、結果的に脱毛防止に役立つのです。

サイプロテロンを注入すると、ハゲは防ぐことができても生理が止まるおそれがあり、そのためにはやはり女性ホルモンの一種「エストロゲン」を併用して、生理を正常にする必要があります。

この療法は、女性ホルモン補充療法、またはCAT療法と呼ばれます。1年間の実績を見ると、発毛率の上昇に貢献していることは確かです。しかし、簡便さに欠け、生涯続ける療法としては無理があります。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

スピロノラクトン / 毛生え薬の注目株

スピロノラクトンは、前立腺肥大症、高血圧の治療や利尿剤として使われてきました。その他、うっ血性の心不全、肝臓病、じん臓病による浮腫の治療、低カリウム血症の治療にも使われている薬です。

これが脱毛予防にも役立つことが、データ上からでもわかってきました。

スピロノラクトンは、男性ホルモンのテストステロンが変化したDHTの働きを邪魔します。その結果、ハゲの指令が出ることを阻止するのです。

スピロノラクトンを脱毛防止、発毛促進剤として使う場合は、飲み薬(錠剤)ではなく、幹部に塗布する液体となっています。

まれにですが、スピロノラクトン溶液をつけると、発疹ができることがあります。その場合はすぐに使用を中止します。

また副作用ではありませんが、スピロノラクトン製剤は、時に、すごい悪臭があります。スピロノラクトンをミノキシジルやレチノイン酸などと同じ容器に入れると、悪臭がひどくなります。

スピロノラクトンの溶液の使用法は、溶液1ミリリットルをハゲの部分に毎日2回塗布します。ミノキシジルを併用する場合は、スピロノラクトンをつけてから、2、3分おいて、よく乾かしてからにします。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

アゼライン酸 / 毛生え薬の注目株

アゼライン酸は、天然に存在スルジカルボン酸の一種で、全粒の穀物や動物性食品に含まれています。レチノイン酸と同じく、新陳代謝を高め、真皮に作用し、局所投与のにきび薬としてFDAから承認されています。

皮膚科医は、アゼライン酸を、メラニン色素が過剰に沈着する皮膚病の治療やシミ取りにも使います。

アゼライン酸は、男性型脱毛症に対して、どのような効き目があるのでしょうか。

これは、プロペシアと同じく「5α-還元酵素」の働きを阻害することが、明らかにされてきました。つまり、テストステロンをDHT(ディハイドロ・テストステロン)に転換するときに媒介する酵素の作用を、抑えてしまうのです。

DHTは毛包を縮小化して、毛髪の生育を止め、男性型脱毛症を引き起こすホルモンです。だから、DHTが作られなくするようなアゼライン酸によって、ハゲを防止するばかりか、新しく毛髪が生えてくる、というわけです。

アゼライン酸をミノキシジルに混ぜて使います。両方を一緒に使うと、単独に使う場合よりも効果が高いというわけです。

アゼライン酸にも副作用があり、頭皮のかゆみ、ピリピリ、チクチクする感じを与えます。大体患者の1~5%にこの副作用が起きます。さらに、頭皮が赤くなる、乾燥する、頭皮がむけるなどの副作用も見られますが、全体の1%以下で、その程度も軽いことが多いようです。

アゼライン酸入りの溶液に対して、皮膚が過敏な人は使っては行けません。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

レチノイン酸 / 毛生え薬の注目株

レチノイン酸は、新陳代謝を高める薬で、FDAがにきびの治療薬として初めて承認した薬で、商品名を「レチナーA」といいます。承認後、レチノイン酸は、にきびだけでなく、いろいろな症状に効果があることがわかりました。その一つが脱毛防止です。毛生え薬としては、頭皮につけるタイプがあります。レチノイン酸を入手するには、医師の処方せんが必要です。日本でも大衆薬にはなっていませんので、使用する場合は、医師が処方することになります。

レチノイン酸はたいていミノキシジルと一緒に使われます。使用する理由は2つあります。一つは、レチノイン酸が、他の薬剤が皮膚から吸収されるのを促進するのです。ですからミノキシジルと併用すれば、レチノイン酸によって頭皮から吸収され、毛包に到達するミノキシジルの量が増えるのです。もつ一つの理由は、レチノイン酸自身が、毛髪の発生、成長に役割を果たしている可能性があることが、実験でわかったのです。すなわち、レチノイン酸だけを使用した場合でも、育毛効果があったという事例が、いくつか報告されているのです。いずれにせよ、脱毛防止効果を高めているのは問題ありません。しかし、レチノイン酸がどのようにして育毛効果を発揮するのか、そのメカニズムはまだわかっていません。

レチノイン酸を使った患者は、かゆみが起きてフケが出やすくなる、といわれています。ミノキシジルを使っても、頭にかゆみやヒリヒリした感じが残ります。しかし、その程度の副作用なら、抑える方法もありますので、心配は要りません。レチノイン酸やミノキシジルの副作用を軽くするには、まず、レチノイン酸、ミノキシジルの薬剤を、一日おきに夜、つけるようにします。1週間続けた後、毎夜つけるように切り変えます。これを1週間続けます。それから朝夜、1日2回つけるようにすることです。

つまり、いきなり1日2回つけるのではなく、段階的に用量を増やしていき、頭皮に薬を少しづつ慣れさせるようにするのです。同時に、フケ取り用のシャンプー(亜鉛入りが有効)を使用することです。それでもかゆみがひどく、フケが落ちない場合は、より強力な方法としてステロイド溶液を使います。通常のフケ取りに使う「ヒドロコルチゾン」(別名コルチゾール)にステロイド剤を加えたトニックを、頭皮に塗布するのです。

レチノイン酸を使うと、皮膚が太陽光線により敏感になるといわれます。レチノイン酸が、太陽光線に対する感受性を高める可能性はあります。だから、レチノイン酸が入ったミノキシジルを朝使ったら、頭皮を直接日光に当てないようにします。直接日光によって、レチノイン酸の働きが影響を受けることも考えられます。したがって、昼間屋外へ出て仕事をする人は、レチノイン酸入りは夜だけ使うようにして、朝は5%ミノキシジルだけにするほうが賢明です。ミノキシジルの場合と同様、レチノイン酸でも、使いはじめは一時的に毛が抜けることがあります。しかし、日数が経つと、脱毛の心配はなくなります。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- プロペシア錠 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / 「超」潜在意識の日本人用完全マニュアル
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング
-