忍者ブログ

プロペシア錠

メルク「プロペシア(フィナステリド)」のブランド薬やジェネリック薬品の激安個人輸入代行購入





レチノイン酸 / 毛生え薬の注目株

レチノイン酸は、新陳代謝を高める薬で、FDAがにきびの治療薬として初めて承認した薬で、商品名を「レチナーA」といいます。承認後、レチノイン酸は、にきびだけでなく、いろいろな症状に効果があることがわかりました。その一つが脱毛防止です。毛生え薬としては、頭皮につけるタイプがあります。レチノイン酸を入手するには、医師の処方せんが必要です。日本でも大衆薬にはなっていませんので、使用する場合は、医師が処方することになります。

レチノイン酸はたいていミノキシジルと一緒に使われます。使用する理由は2つあります。一つは、レチノイン酸が、他の薬剤が皮膚から吸収されるのを促進するのです。ですからミノキシジルと併用すれば、レチノイン酸によって頭皮から吸収され、毛包に到達するミノキシジルの量が増えるのです。もつ一つの理由は、レチノイン酸自身が、毛髪の発生、成長に役割を果たしている可能性があることが、実験でわかったのです。すなわち、レチノイン酸だけを使用した場合でも、育毛効果があったという事例が、いくつか報告されているのです。いずれにせよ、脱毛防止効果を高めているのは問題ありません。しかし、レチノイン酸がどのようにして育毛効果を発揮するのか、そのメカニズムはまだわかっていません。

レチノイン酸を使った患者は、かゆみが起きてフケが出やすくなる、といわれています。ミノキシジルを使っても、頭にかゆみやヒリヒリした感じが残ります。しかし、その程度の副作用なら、抑える方法もありますので、心配は要りません。レチノイン酸やミノキシジルの副作用を軽くするには、まず、レチノイン酸、ミノキシジルの薬剤を、一日おきに夜、つけるようにします。1週間続けた後、毎夜つけるように切り変えます。これを1週間続けます。それから朝夜、1日2回つけるようにすることです。

つまり、いきなり1日2回つけるのではなく、段階的に用量を増やしていき、頭皮に薬を少しづつ慣れさせるようにするのです。同時に、フケ取り用のシャンプー(亜鉛入りが有効)を使用することです。それでもかゆみがひどく、フケが落ちない場合は、より強力な方法としてステロイド溶液を使います。通常のフケ取りに使う「ヒドロコルチゾン」(別名コルチゾール)にステロイド剤を加えたトニックを、頭皮に塗布するのです。

レチノイン酸を使うと、皮膚が太陽光線により敏感になるといわれます。レチノイン酸が、太陽光線に対する感受性を高める可能性はあります。だから、レチノイン酸が入ったミノキシジルを朝使ったら、頭皮を直接日光に当てないようにします。直接日光によって、レチノイン酸の働きが影響を受けることも考えられます。したがって、昼間屋外へ出て仕事をする人は、レチノイン酸入りは夜だけ使うようにして、朝は5%ミノキシジルだけにするほうが賢明です。ミノキシジルの場合と同様、レチノイン酸でも、使いはじめは一時的に毛が抜けることがあります。しかし、日数が経つと、脱毛の心配はなくなります。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- プロペシア錠 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング
-